2016年05月11日

ハイパーバイザが動かないので仮想マシンが起動できなくなった場合

Hyper-V マネージャは動いているが、仮想マシンを選択して起動しようとすると、
「ハイパーバイザが実行されていないので、仮想マシンが起動できない」というメッセージが表示されました。

Hyper-V マネージャを止めたり、起動したりしていたことが関係していると思いますが、なぜか、

hypervisorlaunchtype = no

の状態になっていました。

管理者権限で、dos プロンプトより、
bcdedit.exe /set hypervisorlaunchtype auto

と実行して、パソコンを再起動したら、ハイパーバイザが実行されるようになりました。

hypervisorlaunchtype = auto としておかないとダメなようです。
posted by 開発G at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Programming
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175258964

この記事へのトラックバック